アルバイトがキャッシングを利用できるの?

働き方にはいろいろあり、正社員では無くアルバイトや派遣社員などの人もいます。だけどどんな人でもお金が必要になる事があります。そこでキャッシングを思いつく人もいるでしょう。でも、自分がアルバイトや派遣社員なら審査は受かるの?と不安に思う人もいるのではないでしょうか。ここではアルバイトや派遣社員のキャッシング事情について解説します。

・アルバイトや派遣社員のキャッシング成功の条件

アルバイトや派遣社員の非正規雇用の人がキャッシングする時のポイントとして次のようなものが挙げられます。まずはアルバイトや派遣社員でもキャッシングが利用できる所を知っておく。次に審査で有利になるポイントを抑えておく事。Ⅰ度に多くの業者に申込みするのはやめておくです。日本では非正規社員が増加している事はもう耳慣れている事でしょう。

こんな時代においてキャッシング業者としても正社員だけをターゲットにして商売していたのでは難しいのです。そのため、非正規社員に対してのキャッシングは依然と比べても優しくなりました。とはいってもやはり正社員よりは不利になる事は事実です。アルバイトや派遣社員は収入は安定していないですし、収入も少なくなるのが普通です。とはいえ審査で見られるポイントは収入や雇用形態だけではないです。ではアルバイトや派遣社員が審査に受かるためにはどんな事をおさえておけばよいのでしょうか。

・審査を有利に進めるには

審査にはいろいろ事を見られます。ですから必ずしもアルバイトや派遣社員などの雇用形態だけで判断されわけではありません。ではアルバイトや派遣社員の人でも審査を有利に進めるにはどんなポイントをおさえておけばよいのでしょうか。それは特に重要なポイントとして3つあります。まずは安定した収入がある事です。次に社会保険か組合保険に加入している。最後に健全なクレジット利用歴がある事です。収入は重要な判断基準ではありますが、金額が多ければ良いという事ではなくて、安定した収入がある事が大事なのです。

例えば年収は200万円で一定の人と、今年は400万円だけど去年は50万の人だった人ではやはり前者が有利になります。それから審査では健康保険の種類も判断基準になります。高く評価されるのは共済保険、組合保険、社会保険ですが、非正規雇用の多くの人は最も評価が低い国民健康保険です。ただ、中には派遣社員の人には組合保険や社会保険に加入している人もいて、正社員に近い扱いになる場合もあります。

最後にクレジット利用歴は過去に金融機関からお金を借りて返済した履歴です。これはクレジットカードの利用履歴も含みます。キャッシング業界では初めてお金を借りる人よりも、過去に借りた経験がある人が高く評価されます。したがって滞納の履歴がないクレジット利用歴は有効に働きます。

・あきらめないで

人生は生きていれば、どうしてもお金が必要になる事があります。そんな時自分はアルバイトだからキャッシングは利用できないだろうな、と諦めモードに入る人がいるでしょう。でもアルバイトだからといって必ずしもキャッシングを利用できないわけではないのです。ここに挙げた事を参考に挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です