消費者金融・銀行カードローン、審査に通りやすいのは?

急な出費などのピンチを救ってくれるキャッシングやカードローン。使い方を間違わなければ、暮らしの強い味方になってくれます。利用の際、気になるポイントして挙げられやすいのが、自分でも審査に通るのかどうかという事です。キャッシングやカードローンの審査基準に関わる法律は、これまでの度重なる改善によってより最適なものへと変化してきました。その影響により昔と比べて大きく変化したのが、消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査に通りやすくなったという点です。

以前は消費者金融の方が審査は緩く、銀行カードローンは厳正といったイメージがあり、実際にその通りの審査基準となっていました。なぜ審査の通りやすさは逆転したのでしょう?ここを理解する事で、キャッシングやカードローンを利用する際に、あなたにとって最適な借入先を選択する事が出来るはずです。

■逆転のきっかけとなった「総量規制」

2010年6月、貸金業法に新たな規制内容として総量規制というものが加えられました。この総量規制こそが、消費者金融よりも銀行カードローンからの方がお金を借りやすくなったきっかけなのです。では総量規制とは何か?簡単に言うと消費者の方がお金を借りすぎる事によって、生活が圧迫されてしまったり自己破産へと向かってしまう事を防ぐために設けられた規制です。具体的な規制内容として代表的なものは、年収の3分の1を超えるお金は借り入れる事が出来ない・主婦を含み収入の無い方は、原則として借り入れを行えない・新たな借り入れの申し込みを行う際、1社からの借入額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となるなど、規制前に比べてお金を借りる際のハードルが高くなったのです。しかし、それであれば銀行カードローンからも等しく借り入れがしにくくなったのでは?と思うところですが、実は総量規制の対象となるのは貸金業法という法律が適用される事業者(消費者金融など)のみで、銀行は対象とならないのです。

■総量規制対象外の銀行カードローン、大きなメリット

銀行カードローンから借りる際は年収の3分の1以上でも借りられますし、収入の無い主婦の方でも限度額30万円までなら利用可能です。1社からの借入額が50万円を超える場合でも、収入証明の提出は必要ありませんし、例えば楽天スーパーローンなどではその事を大々的に宣伝もしています。これだけでも銀行カードローンの方が明らかに借入を行いやすいのですが、さらには消費者金融よりも金利が低いというメリットまであります。且つ、やはりイメージの良し悪しも銀行カードローンと消費者金融では差があります。特別な事情がない限り、キャッシング・カードローン利用の際は銀行カードローンからの借入を考えるのが最適だと言えます。

■勘違いしやすい「銀行系カードローン」に注意

銀行カードローンへの申し込みを行う際に注意したいのが、申し込み先のカードローンが本当に総量規制対象外であるかの確認です。というのも、銀行カードローンという表現が1つ誤解を生みやすくなっているのです。銀行カードローンというのは、銀行が直接運営を行っているカードローンの事で、貸金業法でなく銀行法が適用されているものです。これと比べて非常に紛らわしくなっているのが「銀行系カードローン」などと表現されがちな、大手銀行グループの傘下に入っている消費者金融のキャッシングサービスです。例えば三菱東京UFJ銀行はバンクイックというカードローンを運営しています。総量規制対象外であり、人気のカードローンの1つです。そしてこれとは別に、三菱東京UFJ銀行グループの傘下には消費者金融のアコムがあります。銀行グループの傘下ではあるのですが、あくまでも消費者金融であって貸金業法が適用されるため、総量規制の対象です。各カードローンのサイトなどでこの点は確認出来ますので、申し込みの際は区別を間違えないように注意が必要です。

【デメリット無し!まずは銀行カードローンへ】

以上のように、現在では消費者金融と銀行カードローンの借りやすさは逆転しており、銀行カードローンからの借入をまず考える事が最適な選択肢となっています。よほどの事情が無い限り、まずは銀行カードローンへの申し込みをお勧めします。

何事にもメリットがあればデメリットもあるものですが、借入先として消費者金融と比較した場合、銀行カードローンを選ぶ事にはこれといったデメリットが無いのです。また前述の楽天スーパーローンなど、新興の銀行カードローンは会員獲得により積極的であり、審査も通りやすいと評価されています。こういった情報を基に、スムーズな借入を実現させてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です